安全にFXをはじめたいなら
FX業者をきちんと選ぼう

FXビギナー向けテクニカル「MACD」について


FXの取引において、最も重要となるのが「相場のトレンドに乗せる」と言うことです。

その為には、今この相場はどういうトレンドが出ているのか、今後どうなっていきそうなのかを把握し分析していく必要があります。その2つの重要な行為を、同時にこなせる人気のテクニカル分析が「MACD」(マックディー)なのです。

MACDとは、「移動平均収束拡散法」といい、主に為替チャートには「2つの線」と「棒グラフ」が表示されています。

この2つの線は、直近の値動きを平滑平均線の短い期間と長い期間の平均を示しており、この2つの線もしくは、0ラインがクロスすることを、「売買シグナル」と言います。

それともう一つ表示されている棒グラフは「OCSI」といい、これが0より上に向かっていればFX相場は上げトレンド、逆に0より下に向かえば下げトレンドということが一目で把握しやすくなっています。

つまり、MACDは相場のトレンドと売買すると良いタイミングの両方を一度に見る事が出来る、とても見やすいテクニカル分析ツールなのです。

FXチャートを見ていても、どうしても現在のレートの値ばかりに目が行ってしまいます。
このMACDを活用する事で、冷静に相場のトレンドを判断することが出来ます。